top of page

グループ展/Layoverレポ―ト展

更新日:2023年1月18日


2022秋にコロンビアで参加した「Layover」のレポート展として、作品の展示とトークイベントを行います。


「Layover」レポート展

2023年1月7日(土)-2月5日(日)

11:00-16:00 月曜休

会場/鏡田屋敷  福岡県うきは市吉井町若宮113-1


「Layover」展ではこれまで2021、2022年に、日本とコロンビアの作家同士が作品を互いの国に送り合い、展示を行ってきました。交流展の中で、昭和初期の日本からコロンビアへの移民の多くが福岡県浮羽郡(南部筑後川沿岸の中農層)出身者であることが分かりました。今回、うきは市で「Layoverレポート」展を開催し、これまでの経緯や今後の展望を発表します。


コロンビア作家

■映像作品

Adrian Preciado

Andrea Galindo

Andrés Jaramillo

Danilo Estacio

Edith Benavides

Eduardo Soriano

Geovana Ponce

John Benavides

■写真作品

Alberto Ariza

Ana Maria Chamucero

Jonathan Chaparro

Valeria Montoya


日本作家

平川 渚(鹿児島)

生島 国宜(福岡)

加藤 笑平(長崎)

宋 秀臣(福岡)


キュレーター

城野敬志(日本・福岡)

Takaaki KJ(コロンビア・ボゴタ)



■うきは↔コロンビア勉強会【勉強会/お茶会】

1900年代に行われた計画移民。当時の浮羽郡から多くの家族がコロンビアに入植しました。その時代の背景や現在の状況などについてリサーチを行い、共有いたします。

スピーカー:城野敬志

日時:2023年1月29日(日)15:00~(所要時間:90分程度)

場所:鏡田屋敷

料金:無料

定員:20人


■「Layover」展報告会【トークイベント】

南米コロンビアでの展覧会「Layover」展に参加したアーティストや現地アーティスト、キュレーターなど関係者による報告会を行います。イベント開催までの経緯や会期中のイベント、今後の展開などについてお話します。

スピーカー:城野敬志、平川渚、生島国宜、Takaaki KJ、コロンビアのアーティスト一名

日時:2023年2月5日(日)13:00~(所要時間:90分程度)

場所:鏡田屋敷

料金:無料

定員:20人



Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page